Get in touch! 2011「つながる。よりそう」報告

3・11日以降、日本は変わりました。

未曾有の災害、そして原発事故。いまだに続く不安定な状況のなかで、 みなが、家族、友だち、ふるさと… 自分の大切なものについて考え、 これから先、どうやって日本で、どんなふうに生きていくのか想いをめぐらせています。

被災地で、こんなことがありました。
避難所で自閉症の子どもが、ときどき大声を出してしまいます。地震・津波の恐怖が蘇るのでしょう。
近くにいたおじさんが「うるさい! 静かにさせろ」と怒鳴りました。
ふだんならそんなことは言わない人かもしれません。
でも、みんな避難所生活で、疲れと不安が限界を超えていました。
怒鳴られたお母さんは、そのお子さんを毛布でくるみ押さえつけて、あやまりました。
「ごめんなさい。すいません。申し訳ありません」と……。
お母さんも、お子さんも、怒鳴ってしまったおじさんも、 辛い、哀しい想いをしたことでしょう。その周囲にいた人たちも……。
みなに迷惑をかけるからと避難所で過ごすことができず、車の中で何日も生活したり、 親戚の家を転々としたり、今回の震災で、行き場を失った家族が、たくさんいました。

苦しい、哀しい想いをしたのは、自閉症の人たちだけではありません。
「わたしはお墓に避難します」と言って自死された高齢者の人がいました。
日本語がわからないため、避難するのが遅れてしまったり、 配給される水や食糧をもらえなかった外国の人もいました。
障害があったり、高齢であったり、国籍が違ったり、社会的弱者といわれる人たちは、 社会が不安に包まれたとき、よりいっそう追い詰められ、 不自由な生活を強いられる、そんな現実がありました。

だけど、わたしたちは考えます。
どんな状況でも、どんな状態でも、みんなで寄り添い、生き抜いていきたい。
被災した人もしていない人も、障害のある人も、障害のない人も、 みんなでまぜこぜになって、日本を復興させたい。
そんな同じ思いの仲間が集まり、よりあって、アイデアや人脈やお金をだしあって、手弁当で今回のイベントを企画しました。

わたしたちは、つながります!

 

主催;日米自閉症スペクトラム研究会議実行委員会

Get in touch運営事務局
(Exploring Autism Research Collaboration Between Japan and United States Joint Academic Conference on Autism Spectrum Disorders)
・実行委員長;辻井正次(中京大学現代社会学部教授・NPO法人アスペ・エルデの会CEO )
・企画・運営;東ちづる、氏田照子、尾崎ミオ、鈴木正子、辻井正次

公式ツイッターアカウント@Getintouch1
ハッシュタグ #getintouch

  

 

「Autism Awareness Event “Get in touch-Tsunagaru and Yorisou “ Japan/US Academic Conference on Autism Spectrum Disorder (日米自閉症スペクトラム研究会議啓発イベント)」事業報告

■1 趣旨及び目的
この啓発イベントは、日米の自閉症関係者をはじめ、「つながる よりそう」をテーマに誰もがよりそい、 暮らしやすい世界を自分たちの手で実現していこうという志を同じくする仲間たちが集まり、智恵と力を出し合って手弁当で運営をしました。 また啓発イベント実施にあたり、趣旨に賛同くださった企業・団体38、個人7より協賛をいただき、 会場設営、絵画運搬費等にあてることが出来ました。
イベント会場においては、自閉症という障害のあるご本人たちの参加を得て、 絵画展示、音楽会、映画上映、ふれあい囲碁、IT体験などを実施しました。 また、プログラム最終日には、世界自閉症啓発デーの啓発大使であるオノ・ヨーコ氏をお迎えし、 ファイナルイベント(司会:東ちづる)を実施することが出来ました。
また会期中の書籍(実行委員著者)、メモリアルトートバッグ、 文房具ならびに絵画等の売り上げからの寄付および募金箱による募金等の総額584,992円を被災地の 東北3県の障害者施設等に義援金として送ることが出来ました。

■2 主催及び共催
主催:日米自閉症スペクトラム研究会議実行委員会
共催:AUTISM SPEAKS、日本財団

■3 後援・協賛
後援:厚生労働省、文部科学省、NHK厚生文化事業団
一般社団法人日本発達障害ネットワーク、
社団法人日本自閉症協会、
NPO法人アスペ・エルデの会、IJの会
協賛:団体・企業38、個人8

■4 会期
平成23年12月1日 ~ 平成23年12月3日 3日間

■5 会場及び所在地
〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル1階

■6 参加者
一般市民、幼稚園・保育園・小学校等の幼児、児童、生徒、 発達障害のご本人ならびに家族、支援者等の関係者
12月1日  約140名
12月2日  約220名
12月3日  約460名

 

 

■収支決算書

1 収入 (単位:円)

科目

金額

備考

協賛金

2,440,000

企業・団体38、個人7
寄付金(書籍等販売)
 書籍売上より

312,940

トートバッグ、書籍、文具ほか
 絵画売上より

180,000

アーティストより寄付
 募金箱

92,052

合計

3,024,992

 

2 支出 (単位:円)

科目

金額

備考

会場設営費

1,053,015

パーテーション、額装代、音響、インカム等
印刷製本費

138,709

チラシ・ポスター、資料コピー代等
旅費

642,495

東北からの旅費、宿泊費、ボランティア交通費
通信運搬費

108,830

絵画、備品等の運搬費
会議費

45,514

会議室代、控え室茶菓子代、スタッフおむすび代
消耗品費

68,219

事務用品等
雑役務費

32,183

ゴミ処理代、振り込み手数料ほか
被災地義援金

584,992

未来工房、洗心会、旭丘学園、るんびにい美術館、ウーニコ他へ送金

合計

2,673,957

収支差額

351,035

次回へ繰越