小林覚さん

1989年生まれ、岩手県釜石市出身。中学時代に「さとる文字」と呼ばれる独特の文字を描き始める。独特の法則で処理された文字は、躍動的な線が印象的。一見読めない事の方が圧倒的に多い。
高校時代には、県の高校総合文化祭や、障がい者の公募展で沢山の賞を受賞し、現在はるんびにい美術館内のアトリエで制作している。
3月11日の東日本大震災では、実家が津波で流されるなど甚大な被害を受けた。
昨年のGet in touch!で出展した「Let it be」は、たまたま自宅で保管されていたものが、津波をかぶり、泥汚れにまみれた。その後、汚れを落とし、額装し直したものである。

(るんびにい美術館 http://kourinkai-swc.or.jp/museum-lumbi/